無料ブログはココログ

amazonおまかせリンク

« 動力源の姿 | トップページ | 10年前の記憶を正す »

2007年7月 8日 (日)

カバンに隠して持ち帰りたい

デミオに試乗してまいりました。

Ext_photo_big3

実物とご対面するのは今日が初めて。改めて外から眺めると、小さい。営業さんの口ぶりを聞いていると、どうやら前モデルとのボディサイズの違いに売りにくさを感じている様子。確かにクルマのキャラクターは変わっちゃったよなぁ。と思いつつ運転席に座ってみると・・・


マツダさん、やはり裏切りませんでしたね。


職場で使う事ができる社用車にはヴィッツ、プロボックス、フィールダーという選択肢があるのですが、どーれもこーれも自分の体にはシートポジションが合わないのです(特にプロボックス)。デミオと同じBセグメントのヴィッツに乗っても(いやヴィッツはCセグメントか?)最初っから最後までず〜っとシートポジションの微調整。しかもシートポジションは合わず終いで顧客先から帰ってきてしまいます。

今回試乗したデミオはベースグレードの13C。職場にリースされているヴィッツも上位グレードではないのですが、ヴィッツの上位グレードだったらステアリングと足下のペダルとの距離が変わるという訳でもないでしょう。デミオ、いっぱつでシートポジションが合います。この時点でデミオ、合格です。

リアシートに乗り込んでみると、目の前にフロントシートのシートバックが迫り、足下は窮屈。さすがにボディサイズの小ささを意識させられてしまいますが、ヘッドスペースは外見から想像させられるほど狭くはなく身長170cmの自分が座ってコブシひとつの空間が天井と頭の間に確保されました。見た目はさびしいリアシートのヘッドレストも思ったよりしっかりしており、長距離でなければリアシートにも乗っていられそう。

走り出してみると。ハンドリングはマツダ車にしては軽め。自分のクルマや先日試乗したCX-7に比べるとかなり軽いのですが、ハンドルを切った方向に進んでいくトレース感、ハンドルから路面の感触が伝わってくる感があるのはさすがマツダ車。高速道路を走るときもワインディングを走るときも、きっと不安感は少ないでしょう。

感心したのがブレーキ。自分のクルマも、CX-7も、そしてデミオはリヤブレーキがLT式ドラムにもかかわらず、ブレーキの制動がどのクルマでも同じように制動してくれるのです。それぞれのクルマの車両重量は2〜300kg異なっているというのにどれも同じように制動してくれる。ブレーキアシストが割り込んできているのかは察する事ができませんでしたが、最近のマツダ車と他メーカのクルマのブレーキはけっこう違うな?という印象があります。

ただ、がんばってはいるのですがやはり1300ccに4段ATとなると扱いづらさが否めません。アクセルを踏み込んでATをキックダウンさせようとしてもワンテンポ遅れ、シフトショックも感じられる普通のAT。おそらくデミオの本領が発揮されるのはCVTとの組み合わせなのでしょう。

スポーツグレードのSPORTも運転してみたいのはヤマヤマですが、車両重量が1トンちょうどの車体に1500ccのエンジンと5MTのトランスミッションの組み合わせとなると、想像でしかありませんがオーバースペックになっていないかが不安要素になります。

今回デミオにはこういったマツダが得意な「走り」の部分だけでなく、自動車としての性能以外の「遊び」と表現するのがいいのか、冒険をしたのかな?という現れが車内にチラホラ見え隠れしたように思います。

シガーライターはサイドブレーキ横のセンターコンソールに垂直に装備されていて、その隣にはオプションでポータブルオーディオ用のAUXコネクタを装備できたり、センターコンソールの収納BOXはオプションで「拡張」できたり、グローブボックスは常時「半開き」の状態なのでマガジンケースとして利用できたり(オプションでフタをつけることもできる)、カーナビを装着するときは専用の2DINパネルが用意されていたり(最近のマツダ車はDINサイズのオーディオを装備できずに賛否両論ありましたから・・・)、リヤハッチを開けるときのハンドルが電動になっていたり、トランクスペースの床が低い位置にあって案外荷物が積めそうだったり。

どうやらこの新型デミオというクルマ、かなり自分好みにカスタマイズして楽しめそう。

きっとお買い得なのはミラーサイクルエンジンとCVTが組み合わされたグレードの13C-Vなのでしょうが、個人的には13Sのフロントマスクのデザインが好み。そうなると13Sは4ATしか選べなくなるので他の選択肢としてはフロントマスクのデザインが13Sと同じSPORT。そうなってしまうと今度は5MTか7段マニュアルモードが用意されているCVTが選択肢に入ってくるという悩ましさ。

SPORTにAUXコネクタを装備してiPod接続して、2DINサイズのカーナビをダッシュボードに埋め込むかは迷うところ。それよりも問題なのは5MTか7CVTかという大問題。

あぁ、カミさんに内緒で家に持って返ってきて、物置にでもしばらく隠しておけるようなデミオならすぐにでも持ち帰ってしまいそうな気分なのですが・・・(この場合自動車税やガソリン代、購入資金というお金の面は別にして、今のクルマは手元に残し、物置の広さも現状維持という超非現実的なお話)

« 動力源の姿 | トップページ | 10年前の記憶を正す »

クルマ関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カバンに隠して持ち帰りたい:

» 新型デミオは子犬の顔? [マツダ新型デミオいいんじゃない!]
新型デミオのフロントウィンドウ、 視界が広くなって、前がとっても見やすいんです。 フロントピラーの形状も工夫されてて、 右斜め前方も見やすくなってます。 [続きを読む]

» スイフトスポーツは、 [スイフトスポーツ]
スイフトスポーツは、その名のとおり、「スイフト」のスポーツ仕様車のこと。スイフト... [続きを読む]

« 動力源の姿 | トップページ | 10年前の記憶を正す »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31